岡山県北東部を中心に、ご自宅での仕事をお願いしています。
和装の縫製工場ですので、和装の仕立てがメインです。

集配はこちらでしております。
和装を知らなくて、技術無くて当然。出来るようになるまで指導いたします。

縫製は全国的に見ても工賃が上がっていない事業の一つですが、
これからも残して行きたい技術として、弊社は工賃の交渉を随時行っています。
縫製をしてくださる皆様と共にお互いがいい仕事にしていきたいと考えています。

北は上斎原村、南は赤坂、東は大原、西は鏡野・打穴まで現在集配中です。
片道1時間を目処に、山陽、瀬戸、佐用、和気、岡山市北区方面への配達も可能です。





  


内職募集内容
 
・手縫い内職
浴衣を基本とし、着物、作務衣、白衣の始末的な手縫いを致します。
手縫いの箇所はそれぞれ指定がありますので、する部分は多い物少ない物があります。
募集人数:数名

・ミシン内職
工業用ミシンを使って、和装縫製のミシン縫いを致します。
浴衣、着物、羽織、陣羽織をメインに子供甚平、ロンパース、カフェエプロン、ふんどし等々の縫製をします。
基本的にはミシン縫いをするところは全てしていただきます。(分担縫製ではありません)
募集人数:10数名

 ・工場内内職
工場内でしていただいていますが、出来高払いの仕事です。
月曜から金曜日の5日、時間は8時30分~17時までの間で、就業5時間以上。
  (例:9時から15時 休憩時間1時間を除いた5時間となります。)
始まりと終わり時間を自由にしていただく事が可能です。
休みは基本自由にとれるものとしています。

内容:仕上げ、ミシン縫い
募集人数: 
現在募集はしていません
 






今、国内の縫製工場が和装に限らず洋装も含めた「縫製する工場」が減ってきています。
また、和装の知識も技術も75歳を境に極端に落ちてきているのを感じます。
和装ですので、基本的に日本での生産を希望される方が増えて来ていて、
日本の伝統を海外で作る事を辞めて国内での縫製に変りつつあるのが現状のようです。
まして、絹産業で大きくなった日本。あのTOYOTAももともとは織機メーカー。ミシンだって作ってましたから。
そのTOYOTAでさえ、縫製はオートメーション化できないと諦めた分野。
クラレは倉敷レーヨン。クラボウは倉敷紡績。どちらも糸産業から大きくなった会社です。資生堂ももともとは糸屋さんです。
丸紅グループは着物問屋からのスタートです。
ナイロンってその当時の日本絹産業に立ち向かうために開発された素材って言われてます。
絹を統括していた日本の農林水産省。
農林→NORIN これをひっくり返してやるってつけたのがNIRON(ナイロン)農林を逆さにした名前になったと言われてます。

その日本産業がなくなりつつあります。
養蚕業者も今や国内に数社です。
勝央町でも1970年代では沢山飼われていたものだったのですが・・・。

そんな和装の世界を一緒に守っていただける方を募集しています。
内職ですが、内職に非ず。そんな誇りをもってできる仕事かと思いますので是非に宜しくお願い致します。



ここからはこの仕事における利点と欠点を包み隠さずお知らせして、判断材料の一つにしていただきたいと思います。

利点:

①自分の時間で仕事ができる。                                
   (かなりの仕事量がありますので、自分の職業にもできます)
②和装ですから、海外に出ても最後には日本人の手を要求される。          
                         (逆に言えば、日本の民族衣装を日本人の手で仕立ててないのがおかしいと思いますが。。。)
③形は若干かわりますが、基本は変わりませんので、仕事がとんでもなく変わらない。
                       (言うなれば、100年前も100年後もそう変わる事が無い。覚えてしまえばそう変わらない物です。)
④人とのかかわりが少なくて済むため、わずらわしい人間関係も少ない。      
   (配達者がいますので0とはいきませんが)         
⑤加工場が全国的にも少なくなってきていますので、縫製者は貴重品です。     
         (物作りで大きくなった日本が、物を作れないっておかしな話ですよね)
⑥基本的な責任は私の方でもちます。                            
                (PL法製造者責任法がありますが、私の方で保険をかけ縫製者をお守りします。)




欠点:

①出来高ですので、時間をかけないとできません。                      
   (現状、支払い額は数千円~10数万円と人によって様々。
                           ただ、何故かたいてい最低と最高金額はミシン縫いの方です。)
②着物ですから長い物になりますので、ある程度の作業スペースが必要です。     
(ミシン縫いで4畳半、手縫いで1畳以上が推奨です。)
③内職は自営業と同じ扱いになります。                            
                     (私と同じ自営業扱いですから、それなりにご自身でご自身を守る事が必要です。)   
④ミシンの貸し出しはしていません。 家庭用ミシンでは力もスピードもなく不向きです。
                     (各自工業用ミシンの購入をお願いしています。条件によっては給料引きも可能です。)






上記のようなところでしょうか。
また何か思いついたら書き足していきます。



お問い合わせはお気軽に。

709-4303 岡山県勝田郡勝央町豊久田2914-9
(有)縫夢ing
TEL0868-38-0755


どうぞ宜しくお願い致します。


(有)縫夢ing HP トップへ